PDL|General 

 

プロジェクトデザイン研究室の活動は、日本各地の地域毎のプロジェクトを始めとして、2地域拠点、途上国や災害復興に関する活動、木質構法を始めとした建築のあり方の研究等、様々な分野にわたります。

ここでは、各プロジェクトにとどまらない活動や、研究室としての活動を紹介します。

千葉|南房総

 

南房総は過疎地域でありながら都心からのアクセスも良い田舎です。「二地域居住」をキーワードに活動するNPO法人南房総リパブリック(馬場未織 理事長)と連携しながら、都市と地域の新しい関係を考えます。

研究室では各種イベントに協力しながら、研究、設計提案などを行なっています。

<参考>南房総リパブリック WEBサイト

 

熊本|災害復興

 

熊本県地震で被災した益城町にある県内最大の仮設団地で、地元の大学と共に、家具製作や縁台設置、植樹などを通して居住環境の改善をしています。また、甲佐町で進めている2019年竣工予定の災害公営住宅団地で小学生とロゴデザインワークショップをするなどコミュニティ形成につながる活動にも力を入れています。

「連続的な」復興プロセスの設計、デザイン研究を行っていきます。

 

島根|木綿街道

 

木綿街道は島根県出雲市平田町にあります。大正時代の街並みを残すエリアで、住民を中心とした組織によって景観を活かしたまちづくりが進められています。

研究室では空き家の実態調査などを通じて、まちづくりに協力していきたいと思います。

 

三重|須賀利

 

須賀利町は、人口220人の小さな漁村です。

空き家や過疎化の課題が報告されている中、民間企業が空き家を買い取り移り住み、漁業を復活させるなど、活性化の兆しが見え始めています。

2018年6月上旬に、私たちは2 泊3 日で須賀利を訪問したのをはじまりに、地域の漁業を見学、まち歩きや、アンケート調査、地域イベント等を行っています。

 

岐阜|加子母

 

加子母は、東農ヒノキの生産地として知られている人口 3000 人の比較的小さな山村です。

地域内で育てられた木材の伐採から造作材の仕上げ、工務店による設計 ・施工までをこの地域で一貫して手掛けています。素材生産(1 次産業)から家造り(6 次産業)までが林産地で完結する 「完結型林業」に取り組んでいます

「地産都消」のとりくみの先進地として研究に取組んでいます。

 

神奈川|あざみ野公園

 

25名の小学生たちと一緒につくる公園プロジェクト。模型や図面を使い、フリップボードで提案しながら設計します。子ども達が、空間に入り込みながら、重力を超えて自由に思考して出たアイディアを元にして進めます。

2019年春からは実際に建築をつくっていきます。子ども達が参加し、屋外家具や秘密基地など、多様でダイナミックな遊び場が生まれます。研究室ではワークショップ運営をサポートします。

<参考>100本のスプーン・あざみ野

イタリア|ローマ

 

2019年度からスタートするローマ大学サピエンツァとの協働で開催するワークショップ形式の大学の授業「イタリアローマ建築実習」。

異なる文化的な背景をもちつつ、共に森林国でもあり、地震国でもあるという共通するバックグラウンドをもつ両国で、木造仮設住宅を主題にコラボレーションを行います。

研究室ではワークショップの運営をサポートします。 

GLOCAL|木の国際化と都市木造 

 

LVLやCLTといった新しい木質建材もとりいれながら、耐震性や耐火性能をもち、多層化できる「都市木造」をはじめとする新しい木質建築の研究や設計をおこないます。

また一般社団法人HEAD研究会国際化タスクフォースと協力しながら、環境、林業、建築を横断する「木の国際化 Glocal Timber Studies」にとりくみます。

 

<参考>木の国際化 Glocal Timber Studies FBページ