志手研究室アーカイブ

発表年度課程論文種別氏名タイトル論文
2021年度修士学外発表KIEU TRI CUONGKIEU TRI CUONG,志手一哉,「OmniClass とUniclass2015 を利用した WBS の比較および、実務的適用やBIM とそのWBS の連携に関する考察 - OmniClass のUniFormat とMasterFormat 及び、Uniclass 2015 のElements/Function やSystems とProducts を対象とした-」,日本建築学会,第36回建築生産シンポジウム論文集,pp.211-218,2021.8
2020年度修士学外発表KIEU TRI CUONGキエウ チー クオン,志手一哉,「BIM における米国の分類体系及び工程計画表の関連性に関するー考察」,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.249-250,2020.9
2021年度修士学外発表KIEU TRI CUONGKIEU TRI CUONG,志手一哉,「建設情報標準分類体系を利用したWBSによるBIM情報データの利活用に関する考察 ―OmniClassのUniFormatとMasterFormat、Uniclass2015のElement/FunctionとSystems及びProductsを対象として― 」,日本建築学会,第44回情報・システム・利用・技術シンポジウム,R102,2021.12
2021年度修士学外発表KIEU TRI CUONGKIEU TRI CUONG,志手一哉,「BIM における 米国の分類体系及び工程計画表の関連性に関するー考察 その2 UniFormat とMasterFormat を利用したWBS の構造化に関する考察」,日本建築学会大会(東海)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.103-104,2021.9
2021年度修士修士論文KIEU TRI CUONG建築ライフサイクルマネジメントに向けた建設情報データベースの構築に関する研究 −ブレイクダウンストラクチャ(BS)の考え⽅を応⽤して−
2022年度博士学外発表KIEU Tri CuongKIEU Tri Cuong, 志手一哉,「ファセット型分類体系を用いたWBSの構築におけるテーブル間連携の可能性に関する分析 -OmniClassとUniclass2015を対象として-」,日本建築学会技術報告集 28 巻 69 号 p. 986-991,2022.6https://doi.org/10.3130/aijt.28.986
2021年度学士卒業研究一宮蒼集合住宅の緑化最大化を目的とするデザイン生成システムの考察
2018年度修士学外発表三上智大三上智大,田澤周平,安藤正雄,平野吉信,蟹澤宏剛,岩松準,小笠原正豊,志手一哉,「英国の BIM に関連する社会システムに関する研究」,日本建築学会,第34回建築生産シンポジウム論文集,pp.209-216,2018.7(若手研究者優秀発表賞)
2018年度修士学外発表三上智大三上智大,田澤周平,志手一哉,蟹澤宏剛,安藤正雄,岩松準,小笠原正豊,平野吉信,「英国のBIM に関連する社会システムに関する研究 その2 NBS デジタルツールとBIMワークフローに関して」,日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.121-122,2018.9
2017年度修士学外発表三上智大三上智大,志手一哉,「BIMを活用した建築マネジメントに関する研究 OmniClass Classification System の考察」,日本建築学会大会(中国)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.213-214,2017.9
2017年度修士学外発表三上智大三上智大,「英国BIMプロジェクトメソッドに関する研究」,2017年度第88回日本建築学会関東支部研究発表会研究報告,CD-ROM,2018.3
2016年度学士卒業研究三上智大BIMを活用した建築マネジメントに関する研究 -建設産業におけるコード体系の分析-
2018年度修士修士論文三上智大BIMとクラシフィケーションシステムに関する研究-コンストラクション・マネジメントの視点から-
2021年度修士学外発表下田浩平下田浩平,志手一哉,大越潤,萱嶋誠,「BIM による建築確認業務の効率向上に関する研究 その3Dynamo による部材配置・断面情報の整合確認アルゴリズムとその検証」,日本建築学会大会(東海)学術講演梗概集. 情報システム技術,pp.177-178,2021.9
2020年度学士卒業研究下田浩平BIMによる建築確認業務の効率向上に関する研究 -構造確認業務に着目して-(優秀卒業論文賞)
2018年度修士学外発表中啓中啓,志手一哉,石田航星,「分譲集合住宅における住戸の引継ぎに関する研究」,日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.245-247,2018.9
2017年度学士卒業研究中啓分譲集合住宅における住戸の引継ぎに関する研究
2019年度修士学外発表中啓中啓,志手一哉,石田航星,「分譲集合住宅における住戸の引継ぎに関する研究」,日本建築学会大会(北陸)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.213-214,2019.9
2019年度修士修士論文中啓分譲マンションのストックマネジメントに関する研究
2018年度修士学外発表中啓中啓、志手一哉、石田航星,「分譲マンションにおける住戸の引継ぎに関する研究」,2018年度第89回日本建築学会関東支部研究発表会研究報告,CD-ROM,2019.3
2017年度学士卒業研究中村涼葉空間情報可視化の可能性に関する研究-局所的データ等を活用して-
2017年度学士卒業研究井上恵太英国におけるBIMレベル2に向けた取り組み-ガイドライン、スタンダードを対象に-
2020年度学士卒業研究今啓太ISO19650に基づくBIMを使用した情報管理のプロセスに関する研究
2018年度修士学外発表伊井夏穂伊井夏穂,志手一哉,「多様化する発注契約方式の実態に関する研究 その 2-日英米の比較を通して-」,日本建築学会,第34回建築生産シンポジウム論文集,pp.203-208,2018.7(若手研究者優秀発表賞)
2018年度修士学外発表伊井夏穂伊井夏穂,志手一哉,「米国における発注方式の多様化に関する研究 CM方式の多様化およびIPD方式との比較を通して」,日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.147-148,2018.9
2017年度修士学外発表伊井夏穂伊井夏穂,志手一哉,「多様化する発注契約方式の実態に関する研究-ヒアリング調査を通して-」,日本建築学会,第33回建築生産シンポジウム論文集,pp.137-144,2017.7
2017年度修士学外発表伊井夏穂伊井夏穂,志手一哉,「発注契約方式の多様化における役割の変化に関する研究 実務者へのヒアリングを通して」,日本建築学会大会(中国)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.325-326,2017.9
2016年度学士卒業研究伊井夏穂多様化する日本の発注契約方式の実態に関する研究
2018年度修士修士論文伊井夏穂多様化する日本の 発注契約方式に関する研究(建設工学専攻賞)
2018年度学士卒業研究伊東尚輝タワー型マンションの維持管理に関する研究-修繕計画のあり方に着目して-
2017年度学士卒業研究伊藤啓吾大規模CLT集合住宅の工程分析と1個流し生産に関する研究-繰り返し型工程における作業計画-
2014年度学士卒業研究伊藤祐BIMを利用した設計段階でのライフサイクルコスト研究 -基本設計段階におけるコスト分析-
2016年度学士卒業研究佐藤港太住宅の内装工事における多能工化と多工区化の効果に関する研究 -水回り集約ユニットを事例として-
2017年度修士学外発表佐藤秀昂佐藤秀昂,志手一哉,蟹澤宏剛,羽田圭佑,「インドネシアの建築生産に関する研究 その2 発注者の変化による主体者間の関係の変化」,日本建築学会大会(中国)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.201-202,2017.9
2016年度学士卒業研究佐藤秀昂インドネシアの建築生産体制に関する研究
2018年度修士学外発表佐藤秀昂佐藤秀昂,志手一哉,蟹澤宏剛,羽田圭佑,「インドネシアの建築生産に関して その4 日系ゼネコンによる海外発注者案件獲得への工夫」,日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.153-154,2018.9(建築社会システム委員会 若手優秀発表賞)
2018年度修士修士論文佐藤秀昂インドネシアの建築生産における発注方式、外資参入における変化に関する研究
2017年度修士学外発表佐藤秀昴佐藤秀昴,志手一哉,羽田圭佑,蟹澤宏剛,「インドネシアの建築生産システムに関する研究その2 ~日系ゼネコンの発注・契約に着目して~」,2017年度第88回日本建築学会関東支部研究発表会研究報告,CD-ROM,2018.3
2019年度学士卒業研究佐藤絢音関東1都3県における分譲集合住宅の持続性に関する研究
2021年度修士学外発表侯玉森侯玉森,志手一哉,「中国におけるBIM 試行プロジェクトに関する調査」,日本建築学会大会(東海)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.105-106,2021.9
2020年度学士卒業研究内藤海斗PFI事業における維持管理状態の評価に関する研究
2021年度修士学外発表内藤海斗内藤海斗,志手一哉,「PFI 事業における維持管理指標を用いた評価に関する研究」,日本建築学会大会(東海)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.39-40,2021.9
2015年度学士卒業研究初鹿雅朗組み立て建築の工程計画・管理におけるBIM活用の有効性に関する考察-つくばCLT試作棟プロジェクトを事例として-
2019年度学士卒業研究加藤航暉建築情報の体系化に関する研究
2015年度学士卒業研究原圭佑新聞記事を対象とした日本におけるBIMの動向分析
2021年度学士卒業研究原田力基本設計段階における分類体系を用いた中長期修繕計画の可能性に関する研究
2018年度学士卒業研究及川大貴建設業における画像処理技術の活用に関する研究(優秀卒業論文賞、卒業論文優秀講演賞)
2014年度学士卒業研究増田雄大住宅の現場における工程管理の研究 -人的資源に着目して-
2014年度学士卒業研究壹岐健章日本建設産業における BIM普及阻害要因の研究
2018年度学士学外発表大塲巧巳大塲巧巳,曽根巨充,田中大士,志手一哉,「鉄筋工事の実態分析 その1 加工図作成に必要な情報」,日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.143-144,2018.9
2017年度学士卒業研究大塲巧巳鉄筋工事の生産性向上プロセスに関する研究-システム開発におけるロジックの設計-
2018年度学士卒業研究大森翔太/藤原誠BIMを前提とした設計フローに関する研究-設計タスク相互の関係性に着目して-
2021年度修士学外発表大津一輝大津一輝,志手一哉,「日本と海外におけるwell-being 認証システムの特性に関する研究 〜 CASBEE- ウェルネスオフィスとWELL Building Standard の比較から〜」,日本建築学会大会(東海)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.83-84,2021.9(建築社会システム部門 若手優秀発表賞)
2021年度修士学外発表大津一輝Kazuki Otsu, Kazuya Shide "The Differences between The Worldwide Certification System and The Japanese Local System for Well-being and Usage Practically", 2nd International Conference on Civil and Environmental Engineering (ICCEE2022) , 7 Jan. 2022https://doi.org/10.1051/e3sconf/202234702009
2020年度学士卒業研究大津一輝日本におけるwell-being普及の可能性に関する研究 -WELL Building StandardとCASBEE-ウェルネスオフィスの視点からー
2019年度学士卒業研究奈良汐里日本の建設プロジェクトにおけるCMの役割に関する考察
2017年度学士卒業研究宮内莉乃集合住宅一住戸の内装工事を対象とした短工期化に関する研究
2018年度学士卒業研究寺原晃治BIMを活用したファシリティコストの一元管理に向けた研究
2019年度修士学外発表寺原晃治寺原晃治,志手一哉,「大学施設におけるファシリティコストの一元管理に向けた研究」,日本建築学会大会(北陸)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.49-50,2019.9
2020年度修士学外発表寺原晃治寺原晃治,志手一哉,「PFI 事業の入札時におけるVFM の変動要因に関する考察」,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.179-180,2020.9
2020年度修士修士論文寺原晃治PFI事業の事後評価時における定量的評価の可能性に関する研究
2016年度学士卒業研究寺崎大BIMオブジェクトの属性に関する研究 -National BIM Libraryを参考に-
2017年度修士修士論文小嶋将太ファシリティコストの推移に関する研究
2017年度修士学外発表小嶋将太小嶋将太,志手一哉,「IoT を活用した修繕計画作成に関する研究」,日本建築学会大会(中国)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.237-238,2017.9
2015年度学士卒業研究小嶋将太維持保全業務に利用される情報に関する研究
2016年度学士卒業研究小澤雄生集合住宅における修繕工事履歴と建物の価値に関する研究(優秀卒業論文賞)
2015年度学士卒業研究小野寺亮介集合住宅における介護予防リフォームの可能性
2016年度修士学外発表山崎主税山崎主税,志手一哉,「集合住宅の内装工事の工程計画に関する研究 -多工区同期化工法における占拠箇所概念の有効性-」,日本建築学会大会(九州)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.35-36,2016.8
2015年度学士卒業研究山崎主税集合住宅の内装工事の工程計画に関する研究-多工区同期化工法における占拠箇所概念の有効性-
2017年度修士修士論文山﨑主税集合住宅における繰返し型工程の生産性向上方法に関する研究
2017年度修士学外発表山﨑主税山﨑主税,志手一哉,「BIM オブジェクトのプロパティに関する研究 National BIM Library を題材として」,日本建築学会大会(中国)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.211-212,2017.9
2021年度学士卒業研究岡本遥奈部分別内訳事例を用いた代表項目による概算手法の研究
2020年度修士学外発表岩本祐來岩本祐來,志手一哉,「深層学習を用いた建物部位の検出に関する研究 セマンティックセグメンテーションによる認識」,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.231-232,2020.9
2021年度修士学外発表岩本祐來岩本祐來,志手一哉,「建築空間におけるトイドローンの自律飛行に関する研究 単眼カメラによる深度推定技術の検討」,日本建築学会大会(東海)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.167-168,2021.9
2021年度修士修士論文岩本祐來外壁の⾃動調査に向けたトイドローンの屋外⾃律⾶⾏に関する基礎的研究 −外壁タイルを対象とした壁⾯情報の⾶⾏姿勢制御への応⽤の可能性−
2019年度学士卒業研究岩本祐來/遠山佳佑深層学習による建物部位の自動検出に関する研究 -セマンティックセグメンテーションを利用して-
2018年度学士卒業研究峠貴基BIMモデルを利用した工程計画の自動作成に関する研究
2019年度修士学外発表峠貴基峠貴基,志手一哉,「BIMモデルを利用した工程計画の自動作成に関する研究」,日本建築学会大会(北陸)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.135-136,2019.9
2020年度修士修士論文峠貴基機械学習技術を利用した点群データに対する建築的属性情報付与に関する研究
2019年度学士卒業研究平良光日本のFM領域におけるCOBieの活用に関する考察
2020年度学士卒業研究新井海斗ベッドタウンにおけるUR分譲集合住宅の現状に関する研究
2017年度学士卒業研究早川日奈子分譲集合住宅における維持管理評価指標の開発に関する研究(優秀卒業論文賞)
2017年度博士学外発表曽根巨充曽根巨充,田中大士,志手一哉,「鉄筋工事におけるICT の活用に関する研究 その1 専門 工事会社の考察」,日本建築学会大会(中国)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.337-338,2017.9
2018年度博士学外発表曽根巨充曽根巨充,田中大士,志手 一哉,「鉄筋工事における生産情報のマネジメントに関する考察 - 総合建設会社と専門工事会社の事例を題材として -」,日本建築学会計画系論文集 第83巻 第754号,pp.2359-2369,2018.12https://doi.org/10.3130/aija.83.2359
2020年度博士学外発表曽根巨充曽根巨充,遠藤裕太,志手一哉,「鉄筋加工場の不具合発生要因に関する調査研究 -不具合事象と加工工程および加工情報の関連性を対象として-」,日本建築学会計画系論文集 第85巻 第773号,pp1535-1546,2020.7https://doi.org/10.3130/aija.85.1535
2020年度博士博士論文曾根巨充建築⽣産情報のマネジメント技術に関する研究 -鉄筋⼯事における設計・加⼯・施⼯の ⽣産情報の連携に着⽬した技術的解決⽅策について-http://id.nii.ac.jp/1256/00000195/
2018年度修士修士論文朱正路BIMによる構工法に関する研究 ─設計モデルから構法モデルへの自動変換に着目して─
2017年度修士学外発表朱正路朱正路,志手一哉,牧野能久,「BIMによる構工法計画に関する研究 -設計モデルから構法モデルの自動変換に着目して-」,2017年度第88回日本建築学会関東支部研究発表会研究報告,CD-ROM,2018.3
2017年度修士学外発表朱正路朱正路,志手一哉,牧野能久,「BIM による構工法計画に関する研究 設計モデルから構法モデルの自動変換に着目して」,日本建築学会大会(中国)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.209-210,2017.9
2021年度博士学外発表朱正路朱正路,志手一哉,「BIM データ標準仕様であるIFC の情報解析」,日本建築学会,第36回建築生産シンポジウム論文集,pp.203-210,2021.8
2021年度学士卒業研究杉戸咲華企業の情報系研究開発の経緯とBIMの普及の関連性に関する研究 ‐テキストマイニングによるマクロ的視点とヒアリングによるミクロ的視点の統合的な分析‐
2020年度修士学外発表李暁琳李暁琳,志手一哉,「RIBA Plan of Work 2020 におけるBIM の位置づけに関する考察」,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.247-248,2020.9
2020年度修士修士論文李暁琳政府政策が BIM の普及に与える影響に関する研究 -中国と英国の比較を通して-
2019年度修士学外発表李雪菲李雪菲,志手一哉,「中国におけるEPC発注方式に基づいてBIM技術の応用」,日本建築学会大会(北陸)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.107-108,2019.9
2020年度修士学外発表李雪菲李雪菲,志手一哉,「中国と日本の発注方式に関する研究 EPC 方式とDB 方式の比較を通して」,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.177-178,2020.9
2020年度修士修士論文李雪菲中国の建設プロジェクト発注⽅式の変遷に関する考察 ー⽇本とアメリカの発注⽅式の実態を参考してー
2020年度学士卒業研究村松優樹建築確認申請におけるBIM活用の動向に関する研究
2019年度学士卒業研究松本健太郎IoT-HubとしてのBIMにおける可能性の研究 -「人」「モノ」「空間」を繋ぐシステムの構築と考察-
2020年度修士学外発表松本健太郎松本健太郎,志手一哉,「建築のデジタルツインを想定したBIM の可能性の研究 Dynamo を用いたシステムの構築と実験」,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.229-230,2020.9
2021年度修士学外発表松本健太郎松本健太郎,志手一哉,「DX へ向けた建築をIoT 化するための基礎的研究 Autodesk Forge API を利用したIoT プラットフォーム構築を通して」,日本建築学会大会(東海)学術講演梗概集. 情報システム技術,pp.69-70,2021.9