志手研究室アーカイブ

発表年度課程論文種別氏名タイトル論文
2021年度修士学外発表KIEU TRI CUONGKIEU TRI CUONG,志手一哉,「建設情報標準分類体系を利用したWBSによるBIM情報データの利活用に関する考察 ―OmniClassのUniFormatとMasterFormat、Uniclass2015のElement/FunctionとSystems及びProductsを対象として― 」,日本建築学会,第44回情報・システム・利用・技術シンポジウム,R102,2021.12
2021年度修士学外発表KIEU TRI CUONGKIEU TRI CUONG,志手一哉,「BIM における 米国の分類体系及び工程計画表の関連性に関するー考察 その2 UniFormat とMasterFormat を利用したWBS の構造化に関する考察」,日本建築学会大会(東海)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.103-104,2021.9
2021年度修士学外発表KIEU TRI CUONGKIEU TRI CUONG,志手一哉,「OmniClass とUniclass2015 を利用した WBS の比較および、実務的適用やBIM とそのWBS の連携に関する考察 - OmniClass のUniFormat とMasterFormat 及び、Uniclass 2015 のElements/Function やSystems とProducts を対象とした-」,日本建築学会,第36回建築生産シンポジウム論文集,pp.211-218,2021.8
2020年度修士学外発表KIEU TRI CUONGキエウ チー クオン,志手一哉,「BIM における米国の分類体系及び工程計画表の関連性に関するー考察」,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.249-250,2020.9
2022年度博士学外発表KIEU Tri CuongKIEU Tri Cuong, 志手一哉,「ファセット型分類体系を用いたWBSの構築におけるテーブル間連携の可能性に関する分析 -OmniClassとUniclass2015を対象として-」,日本建築学会技術報告集 28 巻 69 号 p. 986-991,2022.6https://doi.org/10.3130/aijt.28.986
2022年度博士学外発表Tan Zi YiZi Yi Tan, Kazuya Shide, Hirotake Kanisawa, Naoto Mine "FACTORS IN CONSTRUCTION ACCIDENTS AND THE BARRIERS OF SAFETY PRACTICES: PERSPECTIVES OF CONTRACTORS", International Journal of Social Science Research, Vol. 4No. 3 [September2022], pp.1-13, 2022.09.https://myjms.mohe.gov.my/index.php/ijssr/article/view/19655
2022年度修士学外発表一宮蒼一宮蒼,志手一哉,「緑視率に基づく緑化デザイン生成手法の考察」,日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集. 情報システム技術,pp.47-48,2022.9
2018年度修士学外発表三上智大三上智大,田澤周平,安藤正雄,平野吉信,蟹澤宏剛,岩松準,小笠原正豊,志手一哉,「英国の BIM に関連する社会システムに関する研究」,日本建築学会,第34回建築生産シンポジウム論文集,pp.209-216,2018.7(若手研究者優秀発表賞)
2018年度修士学外発表三上智大三上智大,田澤周平,志手一哉,蟹澤宏剛,安藤正雄,岩松準,小笠原正豊,平野吉信,「英国のBIM に関連する社会システムに関する研究 その2 NBS デジタルツールとBIMワークフローに関して」,日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.121-122,2018.9
2017年度修士学外発表三上智大三上智大,志手一哉,「BIMを活用した建築マネジメントに関する研究 OmniClass Classification System の考察」,日本建築学会大会(中国)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.213-214,2017.9
2017年度修士学外発表三上智大三上智大,「英国BIMプロジェクトメソッドに関する研究」,2017年度第88回日本建築学会関東支部研究発表会研究報告,CD-ROM,2018.3
2022年度修士学外発表下田浩平下田浩平,志手一哉,「四分木空間分割による経路シミュレーションへの応用に関する研究」,日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集. 情報システム技術,pp.127-128,2022.9
2021年度修士学外発表下田浩平下田浩平,志手一哉,大越潤,萱嶋誠,「BIM による建築確認業務の効率向上に関する研究 その3Dynamo による部材配置・断面情報の整合確認アルゴリズムとその検証」,日本建築学会大会(東海)学術講演梗概集. 情報システム技術,pp.177-178,2021.9
2019年度修士学外発表中啓中啓,志手一哉,石田航星,「分譲集合住宅における住戸の引継ぎに関する研究」,日本建築学会大会(北陸)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.213-214,2019.9
2018年度修士学外発表中啓中啓,志手一哉,石田航星,「分譲集合住宅における住戸の引継ぎに関する研究」,日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.245-247,2018.9
2018年度修士学外発表中啓中啓、志手一哉、石田航星,「分譲マンションにおける住戸の引継ぎに関する研究」,2018年度第89回日本建築学会関東支部研究発表会研究報告,CD-ROM,2019.3
2018年度修士学外発表伊井夏穂伊井夏穂,志手一哉,「多様化する発注契約方式の実態に関する研究 その 2-日英米の比較を通して-」,日本建築学会,第34回建築生産シンポジウム論文集,pp.203-208,2018.7(若手研究者優秀発表賞)
2018年度修士学外発表伊井夏穂伊井夏穂,志手一哉,「米国における発注方式の多様化に関する研究 CM方式の多様化およびIPD方式との比較を通して」,日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.147-148,2018.9
2017年度修士学外発表伊井夏穂伊井夏穂,志手一哉,「多様化する発注契約方式の実態に関する研究-ヒアリング調査を通して-」,日本建築学会,第33回建築生産シンポジウム論文集,pp.137-144,2017.7
2017年度修士学外発表伊井夏穂伊井夏穂,志手一哉,「発注契約方式の多様化における役割の変化に関する研究 実務者へのヒアリングを通して」,日本建築学会大会(中国)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.325-326,2017.9
2017年度修士学外発表佐藤秀昂佐藤秀昂,志手一哉,蟹澤宏剛,羽田圭佑,「インドネシアの建築生産に関する研究 その2 発注者の変化による主体者間の関係の変化」,日本建築学会大会(中国)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.201-202,2017.9
2018年度修士学外発表佐藤秀昂佐藤秀昂,志手一哉,蟹澤宏剛,羽田圭佑,「インドネシアの建築生産に関して その4 日系ゼネコンによる海外発注者案件獲得への工夫」,日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.153-154,2018.9(建築社会システム委員会 若手優秀発表賞)
2017年度修士学外発表佐藤秀昴佐藤秀昴,志手一哉,羽田圭佑,蟹澤宏剛,「インドネシアの建築生産システムに関する研究その2 ~日系ゼネコンの発注・契約に着目して~」,2017年度第88回日本建築学会関東支部研究発表会研究報告,CD-ROM,2018.3
2022年度修士学外発表侯玉森侯玉森,志手一哉,「中国におけるBIM 技術者認証試験に関する調査」,日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.285-286,2022.9
2021年度修士学外発表侯玉森侯玉森,志手一哉,「中国におけるBIM 試行プロジェクトに関する調査」,日本建築学会大会(東海)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.105-106,2021.9
2022年度修士学外発表内藤海斗内藤海斗,齊藤武,志手一哉,山崎裕昭,「BIM における概算単価の在り方 その2 工種別内訳書とBIM オブジェクトの適応」,日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.233-234,2022.9
2021年度修士学外発表内藤海斗内藤海斗,志手一哉,「PFI 事業における維持管理指標を用いた評価に関する研究」,日本建築学会大会(東海)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.39-40,2021.9
2022年度修士学外発表唐詩唐詩,志手一哉,「BIM 技術の応用による施工段階の効果に関する研究 文献調査による日本と中国の比較」,日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.223-224,2022.9
2018年度学士学外発表大塲巧巳大塲巧巳,曽根巨充,田中大士,志手一哉,「鉄筋工事の実態分析 その1 加工図作成に必要な情報」,日本建築学会大会(東北)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.143-144,2018.9
2021年度修士学外発表大津一輝Kazuki Otsu, Kazuya Shide "The Differences between The Worldwide Certification System and The Japanese Local System for Well-being and Usage Practically", 2nd International Conference on Civil and Environmental Engineering (ICCEE2022) , 7 Jan. 2022https://doi.org/10.1051/e3sconf/202234702009
2022年度修士学外発表大津一輝大津一輝,染谷俊介,志手一哉,蟹澤宏剛「VR 技術を活用した安全教育に関する研究 その1 心拍数を用いた効果検証手法」,日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.213-214,2022.9
2021年度修士学外発表大津一輝大津一輝,志手一哉,「日本と海外におけるwell-being 認証システムの特性に関する研究 〜 CASBEE- ウェルネスオフィスとWELL Building Standard の比較から〜」,日本建築学会大会(東海)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.83-84,2021.9(建築社会システム部門 若手優秀発表賞)
2022年度博士学外発表大越潤大越潤,渡邉圭太郎,萱嶋誠,志手一哉,「IFC の属性情報を用いた建築確認自動化の可能性に関する研究 その2 建築確認に係る法律文の分析」,日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集. 情報システム技術,pp.105-106,2022.9
2020年度修士学外発表寺原晃治寺原晃治,志手一哉,「PFI 事業の入札時におけるVFM の変動要因に関する考察」,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.179-180,2020.9
2019年度修士学外発表寺原晃治寺原晃治,志手一哉,「大学施設におけるファシリティコストの一元管理に向けた研究」,日本建築学会大会(北陸)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.49-50,2019.9
2017年度修士学外発表小嶋将太小嶋将太,志手一哉,「IoT を活用した修繕計画作成に関する研究」,日本建築学会大会(中国)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.237-238,2017.9
2016年度修士学外発表山崎主税山崎主税,志手一哉,「集合住宅の内装工事の工程計画に関する研究 -多工区同期化工法における占拠箇所概念の有効性-」,日本建築学会大会(九州)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.35-36,2016.8
2017年度修士学外発表山﨑主税山﨑主税,志手一哉,「BIM オブジェクトのプロパティに関する研究 National BIM Library を題材として」,日本建築学会大会(中国)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.211-212,2017.9
2021年度修士学外発表岩本祐來岩本祐來,志手一哉,「建築空間におけるトイドローンの自律飛行に関する研究 単眼カメラによる深度推定技術の検討」,日本建築学会大会(東海)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.167-168,2021.9
2020年度修士学外発表岩本祐來岩本祐來,志手一哉,「深層学習を用いた建物部位の検出に関する研究 セマンティックセグメンテーションによる認識」,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.231-232,2020.9
2019年度修士学外発表峠貴基峠貴基,志手一哉,「BIMモデルを利用した工程計画の自動作成に関する研究」,日本建築学会大会(北陸)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.135-136,2019.9
2017年度博士学外発表曽根巨充曽根巨充,田中大士,志手一哉,「鉄筋工事におけるICT の活用に関する研究 その1 専門 工事会社の考察」,日本建築学会大会(中国)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.337-338,2017.9
2018年度博士学外発表曽根巨充曽根巨充,田中大士,志手 一哉,「鉄筋工事における生産情報のマネジメントに関する考察 - 総合建設会社と専門工事会社の事例を題材として -」,日本建築学会計画系論文集 第83巻 第754号,pp.2359-2369,2018.12https://doi.org/10.3130/aija.83.2359
2020年度博士学外発表曽根巨充曽根巨充,遠藤裕太,志手一哉,「鉄筋加工場の不具合発生要因に関する調査研究 -不具合事象と加工工程および加工情報の関連性を対象として-」,日本建築学会計画系論文集 第85巻 第773号,pp1535-1546,2020.7https://doi.org/10.3130/aija.85.1535
2017年度修士学外発表朱正路朱正路,志手一哉,牧野能久,「BIMによる構工法計画に関する研究 -設計モデルから構法モデルの自動変換に着目して-」,2017年度第88回日本建築学会関東支部研究発表会研究報告,CD-ROM,2018.3
2017年度修士学外発表朱正路朱正路,志手一哉,牧野能久,「BIM による構工法計画に関する研究 設計モデルから構法モデルの自動変換に着目して」,日本建築学会大会(中国)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.209-210,2017.9
2021年度博士学外発表朱正路朱正路,志手一哉,「BIM データ標準仕様であるIFC の情報解析」,日本建築学会,第36回建築生産シンポジウム論文集,pp.203-210,2021.8
2020年度修士学外発表李暁琳李暁琳,志手一哉,「RIBA Plan of Work 2020 におけるBIM の位置づけに関する考察」,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.247-248,2020.9
2020年度修士学外発表李雪菲李雪菲,志手一哉,「中国と日本の発注方式に関する研究 EPC 方式とDB 方式の比較を通して」,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.177-178,2020.9
2019年度修士学外発表李雪菲李雪菲,志手一哉,「中国におけるEPC発注方式に基づいてBIM技術の応用」,日本建築学会大会(北陸)学術講演梗概集. 建築社会システム,pp.107-108,2019.9